山口の旅はここが拠点!湯田温泉でまったり散策

pottering

IMGP1091
山口市屈指の人気宿泊スポット、湯田温泉をポタリング!

温泉は勿論、他にも史跡や名所が沢山あるんです!

湯田温泉は山口の中心街にほど近く、豊富な湯が湧き出ることから、山口観光の宿泊拠点とされています。

市の中心地に位置しているので、他の温泉地と違って、ちょっと情緒は足りない気もしないでもありません…。
それもまた、湯田温泉のいいところ!ですかね。

湯田温泉のはじまり

IMGP1070
こちらが湯田温泉駅。

IMGP1071
「なんだこの巨大な白狐は…((((;゚Д゚))))」とお思いの方もいるかもしれませんが、この子は「ゆう太」くん。
湯田温泉のマスコットキャラみたいなものでしょうか。

なぜ白狐なのかというと、

IMGP1077
「昔々、湯田の権現山の麓の寺に小さな池があった。

その池に毎晩、傷ついた白狐がやってきて、足をつけていた。

この様子を見ていた寺の和尚さんが、不思議に思って、
その池の水をすくってみると、温かい。

そこで池を深く掘ってみると、
湯がこんこんと湧き、薬師如来の金像があらわれた。

この仏像は拝んで湯あみをすると難病も治る
「白狐の湯」として評判となり、温泉は栄えるようになったという。」

という伝説から白狐がメインキャラクターとして使われています。

井上公園

IMGP1094
最初、「そんな公園知らないぞ…」と思ったのですが、それもそのはず、2012年3月30日に名称変更されていたのです。

IMGP1087
この公園の敷地は、明治維新の元勲、井上馨の生まれた屋敷跡を活用して造ったものなので、この名前に変更したそうです。

もとは地名をとって「高田公園」という名前だったんですけどね。

IMGP1076
幕末の志士たちとゆかりの深いこの地にちなんだ石碑や、

IMGP1085
湯田で生まれ育った詩人中原中也の詩碑、

IMGP1081
湯田温泉を愛した俳人種田山頭火の句碑などが置かれています。

明治維新と湯田温泉

湯田温泉は、高杉晋作や伊藤博文、坂本龍馬らが度々訪れ酒盛りをしていた場所なのです!

IMGP1119
この松田屋は、当時志士たちが集まっていたという歴史ある旅館です。

IMGP1111
松田屋の中には、「維新の湯」という浴場があります。
この浴場は、1860年につくられたもので、高杉晋作・木戸孝允・西郷隆盛・大久保利通・伊藤博文・大村益次郎・山県有朋・井上馨・坂本竜馬らが入浴したと云われる歴史的なものだそうです。

ここで日本の歴史を築いた人物たちによる密議が夜ごと行われていたのですねぇ…

足湯めぐりもいかがですか

湯田温泉は足湯にも力を入れていて、温泉街に5つの足湯が点在します。

IMGP1073
ここは湯田温泉駅のすぐ脇にある足湯。
ここが一番新しいです。だって、久しぶりに駅に来たら足湯が出来ててビックリしたんですもん。

山口線の電車を眺めながら足湯につかれますね。机があるのも嬉しい。
あ!ここでSLやまぐち号を待つのもよさそうですね!

IMGP1093
こちらは、先ほど紹介した井上公園内にある足湯です。
お子さんが公園で遊んでる間こちらでまったり休んでいられるのがいいですね。

IMGP1110
湯の香通りにある足湯は、ほそーい路地にあるので一番見つけづらいかもしれませんね。

IMGP1097
観光案内所の敷地内の足湯。

IMGP1098
観光案内所で山口の観光パンフレットをもらって、それを眺めながらの足湯っていうのはいかがでしょうか。

IMGP1095
この足湯の隣には、飲泉場があります。

観光案内所にゆう太くんのイラストがかわいいオリジナルぐい呑みが100円で売られています。
お土産にもなるのでいいですよね。

IMGP1115
こちらは湯の町通りの足湯。なんとなーく比較的他の場所より人が常に居るような気がします。

あと一つは、サンフレッシュ山口という施設の敷地内にあるんですが、ちょっと離れているので割愛させて頂きます。すいません。

こんなかんじで足湯がたくさんあるので、歩き疲れてもすぐ復活出来ますよ!

まだまだあるよ!湯田の観光スポット

IMGP1104
ここは温泉舎。
ここもまた新しい施設ですねぇ…。なんか離れている間に変わったなぁ湯田温泉。

IMGP1105
泉源の流れを見学できる施設です。

IMGP1102
覗き窓からは地下500mの源泉が実際に1分間に125リットルもの温泉を汲み上げる様子を見ることができます。

IMGP1100
「湯の川」は手で触れて温度を確認でき、温泉独特の湯気や香りを楽しいめるゾーンです。

IMGP1103
ここにも飲泉場がありますよ!

IMGP1114
こちらは「中原中也記念館」。
中原中也の生家跡に建設された記念館です。中也の作品や愛用品が展示してあります。

IMGP0910
この斬新な建物は、「山口情報芸術センター」通称「YCAM」です。
メディアアート作品の展示や、演劇、パフォーマンスなど、さまざまな芸術と触れ合うことができます。

施設内には山口市立中央図書館が併設されているので、いつも沢山の人が訪れています。

今年YCAMは10周年を迎えるので、さまざまなイベントが開催されるようですよ!
世界中から注目される作品が間近で見れるチャンスかも。

散策ついでにゆう太くんを探してみてね

IMGP1099
マスコットキャラゆう太くんを町の至る所で見かけることができますよ。

IMGP1092
足湯にもゆう太くん。

IMGP1074
マンホールにもゆう太くん。

IMGP1084
ゆう太くんの顔がついた遊具もあるよ!薄汚れてるよ!

IMGP1112
湯の町商店街のお店の前にはゆう太くん(?)が1体ずつお出迎え。

IMGP1117
お店にちなんだ品物を持っています。自転車屋さんはホイール!

IMGP1113
酒屋さんは酒瓶。
あ、ちなみにこのお店超おすすめです。

山口自慢の地酒、「獺祭」を取り扱ってます。
今では大手が入って日本全国で取り扱ってる獺祭ですが、ちょっと前はごく限られた店でしか手に入らなかったんですよね。

このお店は当初から扱っているお店です。

他のチェーン店の酒屋で売り切れ続出していたんですが、ここにはたくさん置いてありました!

正直な話、この日大晦日なんですけど、獺祭を買うために湯田まで自転車走らせたんですから。
観光はついでのようなものでした 笑

獺祭、ほんと1回飲んでみてください。まじで美味しいですよ!!

…なんか酒の話で脱線してしまいましたが、美味しいお酒とあったかーい温泉!
最高でしょ?

山口観光の際は是非湯田温泉を拠点にしてみてはいかがでしょうか。