ただポタ

ポタリングするように、自転車と暮らす。

道祖神と出会う。〜安曇野散歩〜 後編

IMGP1802-2

前回まさかのほとんど散歩してないまま終わるという事態が発生してしまったわけですが、それもこれも石仏への思いが溢れてしまったため。

今回は観光スポットメインで進めていきましょう。

吉祥山 東光寺

IMGP1740

のどかな道を歩いていると、なかなかりっぱな二重門が現れました!
二重門は門の中でも最も格式が高いとされるのでワクワクしますね。

と、まぁ門にばかり目が行ってしまいますが、本来は下の大きな下駄に注目すべきなのでしょう。

禅に「脚下照顧」という教えがあり、これは『自分自身の足元を見つめ、一歩一歩着実に歩む中に願いか成就される』という意味。この教えを元に、この下駄を履くことで願いが叶うと伝えられているそうです。

IMGP1749

本堂の窓なのですが、この火灯窓近代的でなんかすげぇって思っちゃいました。
建築様式に興味を持ち始めたのこの数ヶ月とかなんでいままで注意して観てなかったんですけど、なんかこの無理矢理感、現代っぽくて不思議な感覚。

IMGP1750

本堂の裏に「御戒壇めぐり」というのがありました。
どうやらご本尊の真下にある「幸福の鍵」にふれると願いが叶う的なもの。

IMGP1751

せっかくなのでいってみました。この小さな入口から入り、階段を降りていきます。
……これ、まじで怖いです。ほんとに怖かった…
まっっっっくらなんですよ。ほんとに闇。視界ゼロ。

壁に手を付きながら進むのですが、もう鍵とかどうでもいいくらいに早く出たかったです(苦笑)
早く出たくても闇なので早く進めず、もう一生光が戻ってこないのではないかという焦燥感。

なんかだんだんと壁や天井が迫ってくるような感覚があるんですよね。そのまま自分が闇に飲まれていってしまうような感覚というか。

闇の恐怖を知ることが出来たので、良い体験でしたがもう一度、とは思いませんね;
友達や恋人、家族などと一緒に行くのを全力でおすすめします!笑

大王わさび農場

IMGP1765

北アルプスの麓に広がる安曇野は、山々を源流とする日量70トンを誇る一大湧水地なのだそうです。
歩いていても川を流れる水のキレイさに思わず足を止めてしまいます。

そんな水の綺麗さと、年間を通しての15度を越えることがないという安定した水温がワサビを育てるのにとても適しているということから、この辺りではワサビが名産となっています。

IMGP1780

安曇野にはたくさんのワサビ田があるのですが、中でも東京ドーム11個分に相当する、広大なワサビ田「大王わさび農場」は、わさび漬け体験や自然豊かな遊歩道を歩きながらワサビ田の見学が出来たり、わさびの直売、わさびを使った珍しい食べ物や、お土産などなどが楽しめる”一大ワサビテーマパーク”のようなところ。

しかも、広大な駐車場完備で入園無料!

IMGP1781

さっそく腹ごしらえにわさびコロッケバーガーをいただきました。
ワサビの入ったコロッケをキャベツとともにピタパンに挟んだもの。渡されるときに「ワサビマヨとわさびソースをたっっぷりかけてお召し上がりください」と言われたのでたっっぷりかけてみました。

わさび三昧なので、わさびの風味がふぁ〜と広がります。でも辛いということはないのでどんどん口に運ぶことが出来る!美味しい!

IMGP1820

さらにデザートにワサビソフトクリーム。色は完全にわさび色。わさびのぷつぷつも目視できるほどなので、どんな味なのやらとドキドキでしたが、意外とわさびの味は主張してきません。ほんのり後味にワサビを感じる程度。ソフトクリーム自体の美味しさを引き立てていて、さっぱりとした口当たりでとても美味しかったです。

わさびをおもいっきり堪能し、腹ごしらえも澄んだので、園内散策と行きましょう。
おそらく観光客が一番少ないであろうシーズンなので、とても静かな園内ですが、ゆったり歩くのには最適。

IMGP1791

この水車小屋は黒澤明監督の映画「夢」のロケ地となった所。
春になると木々が緑に染まり太陽光で水草も輝いて見え、さぞ絵になるのだろうなと。
とはいえ、冬でも水草はゆらゆらと川に揺られ、木々の寒々しい様との対比がまた味があってよかったですけどね。

IMGP1809

こんなに広大なわさび田は見たことがありません!すごい壮観!

一日にこんなにワサビのことを考えることなんてそうそうないよな〜。
ワサビ好きにはたまらないスポットでした。

松本にもちょろっと寄ってきました

IMGP1832

沢山の道祖神や石仏達に出会いひとしきり満足したあとは、電車に揺られて松本まで戻ってまいりました。

国宝松本城を中心に栄えた城下町は、歴史ある町並みの中に新しいお店が溶け込み若い人に人気の観光地となっているようです。

IMGP1835

まずはやっぱり松本城。
四百余年の歴史を持ち、戦国時代そのままの日本最古の天守閣を持つ松本城は国宝のお城。

IMGP1852

もう日没に近い時間だったので、店じまいを始めているところがポツポツあるような感じで、本来の賑わいではなかったのでしょうけど、それでも結構観光客と思しき人達が歩いていました。

おしゃれなカフェやお店などがたくさんあるので、カップルや女子旅的なもので人気があるみたいですね。

今回は安曇野のついでのデザート的感覚で訪問しましたが、また機会があれば昼間に訪れてみるとまた面白いのかなと感じました。

おわりに

念願の安曇野旅、本当に楽しかったです。満喫出来ました。

道祖神を探しながら、見所も回れて、のどかな道を歩いて、目の前には雄大な北アルプスが広がっていて…
個人的にとても好きが溢れている土地でした。

観光パンフレットをたくさんもらって帰ってて読んでいると、次から次に行きたい所見てみたいところが出てきました。さらに季節に寄ってはおんなじ場所でもまた違った景色を楽しませてくれるのであろう場所もあるので、春になったらまた是非行きたい。

まだ1月ですが、今年のマイベストオブトリップにノミネートしておきましょう。。。