ただポタ

ポタリングするように、自転車と暮らす。

川越まったりポタ

IMGP6580.jpg
今年の未放出ネタ一掃セール 第2弾
またも輪行で計画性なくふらっと遊びに行ってきました。
今回は川越。
前回(http://tadapota.blog.fc2.com/blog-entry-74.html)行った曜日が月曜だったため、主だった観光スポットがほぼ休館日だったんです。
そのリベンジも兼ねて、行ってきました川越。
IMGP6576.jpg
出発地点は「川越市駅」
IMGP6583.jpg
まずはおなじみ一番街。
THE観光地〜
IMGP6582.jpg
これだけ徹底して整備されていると感心しちゃいますよね。
街全体がアミューズメントパークって感じ。

蔵造り資料館

IMGP6632.jpg
前回お休みだった、蔵造り資料館!
IMGP6592.jpg
川越の蔵造り家屋の意匠や構造、敷地内の様子を観ることが出来ます。
IMGP6614.jpg
2階にも上がれます。
ちなみにこの辺り、自転車止めるところ無いのですが、受付の方に言ってみましょう。
とても親切な方ばかりで、中に入れてくれます。
安心して見学できますね!

紫芋餃子とは…!?

IMGP6586.jpg
川越のランドマーク時の鐘。
ちょうど鐘がなる時間にちかくなったので、眺めることに。
IMGP6630.jpg
鐘が鳴り出すまで、少しの間ウロウロしていたら目に入ってきたこのノボリ。
紫芋餃子って…なに?!
IMGP6629.jpg
気になりすぎて入ってみました。ちょうどお昼でしたし。
IMGP6627.jpg
これが紫芋餃子!紫ぃぃぃぃ!
IMGP6628.jpg
中にも芋が入ってるんですよ。でも味は完全に餃子!
芋の甘味が少し感じられる程度でした。
生地モチモチで美味しかったです!
IMGP6626.jpg
さらに川越のB級グルメ、太麺焼きそばも食べました。
つるっとしてて食べやすかったですよー。

川越市立博物館

IMGP6634.jpg
腹ごしらえも済み、一旦菓子屋横丁を覗いてみます。
IMGP6635.jpg
なんか前回来た時より賑やかな感じ。
もしかして、お店も月曜休みなのかな?
さて、菓子屋横丁を抜け、市立博物館を目指します。
IMGP6663.jpg
川越城二の丸跡に建設された川越市立の博物館。
川越藩の城下町として発展してきた川越に関する資料の収集・保存・調査研究・公開を目的として建設されました。
IMGP6661.jpg
川越の原始時代から中世・近世・現代などの歴史を学べます。
IMGP6658.jpg
さらに、城下町川越の特色である技術や、祭りや年中行事についての展示も充実しています。
この日は近くの小学生の社会科見学の日だったようで、わらわらと小学生がいました。
説明をしている職員さんがいるので、その話を自然に紛れ込んで聞いてみたりとか。

川越城本丸御殿

IMGP6690.jpg
川越城唯一の遺構、本丸御殿。
IMGP6664.jpg
武家風の落ち着いたつくりが印象的な江戸時代17万石を誇っていた川越城。
IMGP6682.jpg
現在に残る川越城本丸御殿は、明治維新後の解体により嘉永元年(1848)に時の藩主松平斉典により再建されたものの一部だそうです。
現存しているのは玄関・大広間と移築復元された家老詰所のみ。
IMGP6675.jpg
家老詰所には家老の人形が置いてあるのですが、多くの人が絶対ビクっとしてると思う。
IMGP6673.jpg
見学できるゾーンとしてはそんなに広くないですが、心なしか空気がキリッとしている気がしました。日本って感じ…。

お土産も買えるし食事もできるし蔵見学もできちゃう「小江戸蔵里」

川越観光もそろそろ終了。最後にお土産を物色しましょう。
IMGP6696.jpg
訪れたのは「小江戸蔵里」
旧鏡山酒造の建築物を、当時の面影を残しつつ改修した施設で、おみやげ処(明治蔵)、まかない処(大正蔵)、くら市場(昭和蔵)の3つの蔵からなっています。
IMGP6697.jpg
お土産物が並ぶ店内ですが、上を見上げると歴史を感じる蔵造り。
自然に蔵見学が出来ちゃいますね。
IMGP6699.jpg
銘菓や名産が並びます。いっぱいあってかなり迷いますね〜。
IMGP6700.jpg
友達へのお土産を購入し、自分へはcoedoビールを!
地ビールなので香りが独特ですが、この遠くで買ってきた旅感が醍醐味だと思うんですよね。
各地の地ビール買って帰るのもいいな〜。