東京湾に浮かぶ唯一の自然島・猿島を散策

pottering

IMGP8811.jpg
首都圏から一番近い無人島なのではないでしょうか、猿島。
横須賀から船で向かう小さい島だけど内容の詰まった楽しい島を散策してきました。

横浜から横須賀へ

前日の夜横浜で舞台を見て、そのままネカフェで寝て、翌日横須賀へ向けて走りだしました。
16号線を使えば一直線で付きますが、今回の旅の相棒はいつものanticoでは無く、brompton号でしたので、坂を避けるルートで行くことにしました。
IMGP8762.jpg
磯子の辺りから、産業道路を走ります。あまり長くない区間でしたが、自転車専用のペイントが施され、めちゃくちゃ走りやすかったです。
東京湾根岸道路や八景島の海の公園などを使いながらマイペースで南下。
IMGP8764.jpg
漁師町の雰囲気〜!
約30kmくらいで横須賀にたどり着きました。

横須賀からフェリーで猿島へ渡る

IMGP8765.jpg
三笠公園内の三笠桟橋から1時間に1本だけ船が出ています。
船の料金は、往復1300円。
また、この4月かららしいですが、入園料として200円も必要となります。
なので合計1500円ですね!
行ったらわかりますが、料金以上に満足できますよ!
IMGP8766.jpg
朝一番(8:30)の船に乗り込みます。
IMGP8768.jpg
10分程度の船旅ですが、ホント船ってワクワクするー。
IMGP8771.jpg
奥に見える島が猿島です。
IMGP8779.jpg
短い船旅があっという間に終わり、いざ!猿島上陸!!
IMGP8780.jpg
猿島への観光客は、遺産散策の他に、バーベキューや釣り、夏場は海水浴などレジャー目的も多く、島に降り立って直ぐの砂浜へと直行する人が多かったです。
なので、散策は静かにゆったりと行えます。

猿島散策スタート!

猿島は元々旧陸・海軍の要塞として利用されていました。
一般人の立ち入りが禁止されていたため、豊富な自然や歴史遺産が残されています。
IMGP8783.jpg
歩き出してすぐ見えてくる、ツタの絡まる煙突があるこの建物は明治時代に造られた発電所。
IMGP8789.jpg
周囲約1.6kmの小さな島なので、すぐに上りがはじまります。
IMGP8791.jpg
砲台へのメイン道路にある切り通し。
ここ空気がとっってもヒンヤリしていて驚きました。
IMGP8793.jpg
幹道に沿っていくつかの部屋が並んでいます。
IMGP8794.jpg
兵舎として利用されていた部屋や、
IMGP8800.jpg
弾薬庫跡などを観ることが出来ます。
IMGP8803.jpg
鳥の鳴き声しかしない静かな空間を更に進んでいくと、トンネルが現れます。
全長約90メートルのアーチ状のトンネルで、地下施設があり、それが2階構造を持つなど複雑な構造をしています。
IMGP8806.jpg
トンネルには傾斜が有り、その他の道も屈折していたりと、幹線を通して見通すことが出来ないように工夫が施されています。
ちなみにこのトンネル「愛のトンネル」という名前がついていて(公式に)、男女で通れば結ばれる的ないわれがあるとか。
…何を根拠に?!
こういういらん設定付けなくても観光スポットとして成立するんだからさぁ〜
IMGP8816.jpg
島内の至るところでダイナミックかつ神聖な雰囲気の自然を見ることができます。
なんか、ラピュタっぽいってわだいになってるそうですよ。
確かに、島全体にジブリ感漂ってます。
IMGP8819.jpg
桟橋の反対側の端っこにあるこの丸い台座は太平洋戦争時代の高角砲座の遺跡です。
この脇に階段があって、下に降りることが出来ます。
IMGP8821.jpg
景色はものすごくいのですが、すごい急斜面を降りて行きます。
なので帰りは……
IMGP8825.jpg
おお〜岩場〜海〜!
うぅー岩場ワクワクするぅ〜っ
IMGP8822.jpg
この洞窟は、日蓮聖人が修行した所らしいですよ。
IMGP8837.jpg
壮絶な階段を登り終えて息切れしながら、次は展望台に向かうため更に階段を上ります。
散策する方はサンダルとかで来ちゃ駄目ですよ…;
IMGP8838.jpg
展望台と言っても、イキイキした木々が沢山でどこも展望が望めないのですが、
この建物を見るために上ってきました。
IMGP8839.jpg
これは、初代ショッカーの基地として有名なんですよ。イーッ

横須賀に戻るよ!

島自体が小さいので、あっという間に一周できちゃいます。
IMGP8847.jpg
砂浜ではバーベキューを楽しんでるグループがいくつかありますね。
IMGP8849.jpg
昼ごろの船は超満員!びっくりしました!
人気あるんですね〜。いや〜朝一に来てて良かった!
ゆっくりじっくり散策したいなら朝一の方がおすすめです。
IMGP8850.jpg
復路の船で猿島を後にしました。
ありがとう猿島、さようなら猿島。

記念艦三笠

IMGP8852.jpg
三笠公園ではたまたま何かのイベントが開催されていました。
IMGP8853.jpg
イベントが有る日は、三笠の観覧料が特別割引で300円になるとのことで、
こりゃ行くしかないでしょ!ってことで入ってみました。
IMGP8872.jpg
戦艦三笠は、日露戦争で、東郷平八郎司令長官率いる連合艦隊の旗艦として活躍した戦艦です。
IMGP8854.jpg
いちいち全部でかーーい!すげーー!
IMGP8874.jpg
艦内には乗組員の遺品、日露戦争に関する貴重な資料が数多く展示されています。
IMGP8866.jpg
結構内装が豪華です。
IMGP8886.jpg
操縦室!かーーっこいい〜!
イベントを開催する時は特別料金になるようですので、狙っていくとお得に見学できますよ!

絶対見る価値あり!猿島

IMGP8802.jpg
「船」とか「無人島」とか「要塞」って、テンション上がりますよね〜。
島は小さいですが、見どころいっぱいで楽しいですよ!
バーベキューや海水浴も楽しめるレジャースポットでもありますので、家族連れや友達と行っても大満足間違いなしです。
この夏のレジャーは猿島!おすすめです!
IMGP8891.jpg